食器、キッチン雑貨の通販。おしゃれなおうちカフェ食器ならテーブルウェアイーストにお任せ!

ご飯茶碗なら食器通販テーブルウェアイースト

ご飯茶碗 -ricebowl-

女性や子供なら小さめのお茶碗、男性なら少し大き目で食べ応えあるものを、ご年配の方や業務用、家事の負担軽減には軽量磁器、お茶漬けやたまごかけご飯には深めのお茶碗…など、ご飯茶碗一つ取っても様々な形、そして色や柄が存在します。テーブルウェアイーストでは日本一の陶磁器生産地美濃焼の産地直送ならではの低価格でおしゃれなご飯茶碗を販売しております。用途、料理、その他の食器との組み合わせでお楽しみください。

EASTおすすめのご飯茶碗

お茶碗 和のしのぎ茶碗

『しのぎ』というタテに素地を削った技法のお茶碗。 渕の歪みや素地の凹凸、ストライプ状の削り模様がおしゃれです。 手仕事の跡が見えるような、手作り感溢れる素朴な雰囲気に愛着が湧いてきます。 サイズは女性やお子様にピッタリの小振りすぎず、程よい大きさのご飯茶碗。 男性でしたら、山盛り一膳で程よいサイズ感です。

ご飯茶碗(小) らせん minoruba(ミノルバ)

モダンでおしゃれなデザインが特徴の「minoruba(ミノルバ)」ブランド。らせんシリーズはどこか懐かしい気にさせてくれますよ。派手過ぎず地味過ぎずなデザインは、現代の食スタイルに溶け込みます。 こちらのご飯茶碗はしっかりと深さがあり、男性や、お茶漬け・たまごかけご飯などにもオススメ。

お茶碗 カラフルしのぎ

6色の豊富なカラーバリエーションを取り揃えたお茶碗。 しのぎという和の技法を使いながらも、洋食器の雰囲気を持ち合わせているご飯茶碗ですので、洋食メニューの時にも合わせやすいデザインです。ホワイトを組み合わせれば爽やかに…イエローやグリーンなら華やかに!お子様にもオススメです。 ネイビーなどブルー系で組み合わせれば大人のおしゃれコーディネートを楽しめます。

お茶碗 面取り 陶器製

側面が面取りされたデザインが特徴的なお茶碗。シンプルに見えて個性のあるご飯茶碗です。飽きずに毎日お使いいただけます。 和食器の定番の粉引と、シックな黒の2カラー。和洋中問わず、様々な料理、様々な食器に合わせやすいですよ。 ご夫婦やカップル、ご家族で色違いでお使いいただくのもオススメです。

サイズ別 お茶碗

男女兼用茶碗

1人ひとつは持っておきたい、定番のサイズ。

大きめ茶碗

たくさんご飯を食べたい男性や、お茶漬け・卵かけご飯にもオススメのサイズ。

こども用茶碗

小さなお子様も持ちやすく、ご飯も丁度良い量を盛りつける事ができる小さめサイズ。

一緒にチェックしたいおすすめアイテム

汁椀

ご飯と一緒にお味噌汁は食卓の定番!お肉や野菜をたっぷり入れれば立派なご飯のおかずにもなります。

箸・箸置き

箸や箸置きの種類も様々。お気に入りアイテムでテーブルをコーディネートして、食事をもっと特別な時間へ。

日本の食卓に必要不可欠な食器「ご飯茶碗」。

テーブルウェアイーストでは、美濃焼を中心に普段使いからホテル食器まで和食器と洋食器を豊富に取り揃えており、価格も手頃なものもたくさんご用意しております。

日本の食卓に欠かせない食器、それがご飯茶碗です。多くの家庭で、1人一つは自分専用のご飯茶碗を持っている事が多いと思います。
一口にお茶碗と言っても、ご飯茶碗・お茶碗・飯碗・茶碗など様々な名称で販売されています。

昔、日本では一日二食、朝と晩だけご飯を食べていました。その時は大きなお椀に、ご飯を大盛りにし、漬物と汁物を食していました。ところが江戸時代以降、一日三食でおかずも食べるという、今の食文化に近い形態に変化し、ご飯の量も少なくなりました。そこで、ご飯の量も減り、小さな茶碗を使うようになったのです。

今では大きなサイズから小さなサイズ、子供用のサイズ、浅型から、スープボウルのような深型、切立型や丸みのある形など様々な大きさ・形状のものが造られています。軽量のものあり、必ず手に持って使用する器であることから、自分の手になじむ持ち心地のものを選ぶのが重要です。
色や柄も様々なものが造られており、柄ものでは十草や唐草・瓢・梅など縁起の良い吉祥文様が多く描かれています。このような和風の雰囲気には和食、シンプルな無地・しのぎ・ストライプや北欧風などの洋風なものは洋食、などその日のメニューや季節、他の器に合わせてコーディネートを愉しむのも食事の時間がより豊かなものになります。
また基本的には陶磁器製のものがほとんどですが、現代では食堂や業務用に、プラスチック製や金属製のお茶碗なども造られています。

お茶碗を選ぶ際のポイントの一つが「素材」です。大きく分けて「陶器」と「磁器」がお茶碗のほとんどを占めていると思います。
「陶器製」のお茶碗は、磁器製に比べ素地の厚みがあり、少し重いものが多いです。磁器製より保温性が高く冷めにくいので秋冬に適しており見た目でも温かさを感じることができます。手作りのような温かみのあるデザインと雰囲気は、ごはんをよりおいしく感じそうですね。また、吸水性があり、使うごとに風味が増して変化を楽しめ、自分だけの器という愛着が湧くのが魅力です。
「磁器製」のお茶碗は、陶器に比べて薄手で滑らかで軽く、丈夫。電子レンジや食洗機が使用できるものがほとんどで業務用や普段使い・子供用のお茶碗に最適。利便性に富んでおり、現代の生活にマッチしている素材です。

また、結婚や同棲、新生活を機に、お茶碗を新しく買う・買い替える方も多いですよね。
夫婦やカップルで使う、大小セットになっていたり、色違い・柄違いで揃えたペアのお茶碗を「夫婦茶碗」と言います。
結婚祝いや引っ越し祝い、誕生日や結婚記念日などの、夫婦や恋人同士への贈り物として定番のアイテムです。ペアでお揃いで箱に入った姿は家庭円満や幸せの象徴として、母の日や父の日、敬老の日のプレゼントとしても最適ですよ。
家庭に必要不可欠なものだからこそ、夫婦や恋人同士が仲良くいられるように、プレゼントするものとして最適ですね。

お茶碗を思い浮かべた時に、白いご飯を盛りつけたものをイメージしますが、もちろん用途は白飯だけではありません。
炊き込みご飯や混ぜご飯、栗ご飯、サツマイモご飯、豆ごはん(グリンピースご飯)から、今では炊飯器でケチャップライスやチキンライスを作ったり、パエリアやカオマンガイを作る時代になりました。ご家庭ではこれをお茶碗に盛りつける事もあるかと思います。
また、とろろご飯や卵かけご飯、お茶漬けなど、「ご飯(お米)」のメニューだけでも、意外と種類が多いことがわかります。
白いご飯以外にも、食卓に並ぶ機会が多いご飯茶碗は、おかずや料理メニューが多種多様化してきた現代であっても、欠かせない食器のひとつとなっています。

また、ご飯を盛りつける以外にも、使い勝手が良いのが、汁椀のように深型の飯椀です。
主食がご飯でなく、パンの日であったとしても、スープボウルとしてお使いいただけます。
パンにミネストローネやポトフ、シチューなど、洋食メニューにも対応。また、こういった形の茶碗を複数個揃えておけば、ひとつはご飯、もう一つはみそ汁、豚汁や餃子スープなどの具がたっぷりのメニューを盛りつけて食卓に並べてもOK。コーディネートもまとまりが出て、まるでカフェのような雰囲気に。
その他、ちょっとしたおかずやサラダを盛りつけて、小鉢のような使い方をしても良いですね。

いわゆるベーシックな和のお茶碗をいくつか揃えておけば、来客時などにも重宝します。
炊いただけの白いご飯も、お茶碗の絵柄で雰囲気がガラッと変わります。少し高そうに見える絵柄のお茶碗を出せば、その他のおかずも手が込んでいるメニューのように見えてきますよ。

シンプルな白いお茶碗や、黒いお茶碗、青いお茶碗なら、洋食メニューにもしっくりと合います。
現代では食卓に並ぶことが多いハンバーグやステーキ、エビフライやロースカツなど、いわゆる洋食店で出てくるようなメニューも、ご家庭で食べる時は洋食器のプレートではなく、お茶碗で食べる家庭がほとんどだと思います。この時に洋風カラーや洋風の柄のお茶碗にご飯を盛りつけるだけで、食卓にまとまりが出ますよ。

テーブルウェアイーストでは、陶磁器生産シェア日本一の岐阜県美濃焼の商品が90%以上で安心の日本製の食器がほとんどです。お茶碗・湯呑み・マグカップ・箸置き・小皿・中皿・大皿・ランチプレート・小鉢・中鉢・大鉢・どんぶり・茶碗蒸し・急須やポット・コーヒーカップ・スープカップなど美濃焼を中心に、和食器、洋食器、木製食器、キッチン雑貨など10,000点以上取り揃えております。普段使いからホテル食器まで価格は99円~2,000円以上のものまであり、様々な生活スタイルや好みに合わせてお選び頂けます。

日本人だからこそ必ず1つは持っておきたい、必要不可欠であると言える「お茶碗」。
江戸時代から現代の日本まで、日本人の食文化だけでなく、生活や産業、ファッションで、お茶碗を始め食器は大きく進化し、多様化してきました。
自分に合った食器をぜひ探して揃えてみてください。より楽しく食事の時間を迎えれるように、食器にも少しだけこだわりをもってみてくださいね。