揃えたくなる和食器ばかり♪和食器人気ランキングbest18!

ブログをご覧の皆様、こんにちは。
テーブルウェアイーストの角田です。

最近では、カラフルな豆皿を並べた料理写真や、カフェ風の料理写真がSNSなどで注目されていることもあり、現代的なコーディネートを楽しめる和食器が増えています。
テーブルウェアイーストでも、まだコーディネートに慣れていない方にも使いやすいアイテムや、食卓の雰囲気をぐっと良くしてくれる大人のかっこよさを持つ食器を取り揃えています。
昔ながらの伝統技法を用いた、おしゃれなデザインの和食器の数々に夢中になってみませんか?今回は、そんな人気の和食器をランキング形式で紹介していきます!

 

 

食卓の主役!大皿ランキングはこちら!

テーブルウェアイーストでも注目度の高い、食卓のメインを飾る大皿。
ぱっと華やかな料理写真を撮るのにも欠かせない存在です。

そんな大皿のなかでも、SNS映えしやすい今時カラーのお皿や、縁に模様や飾りなどがあり、盛り付けに余白が作りやすいリム皿タイプが大人気!
盛り付け初心者の方でも手軽におしゃれに魅せることができる、おしゃれ上手な実力派ばかりです!

 

1.大皿 渕錆粉引 / 580円(税別)


パスタ皿、ディナープレート、ワンプレート、主菜皿など、様々な使い方ができるロングセラーの大皿。
ナチュラルな雰囲気と、渕の茶色が中央に盛り付けた料理を引き立たせ、なんでもおしゃれに魅せてくれます。


ちなみに、「渕錆粉引」はシリーズ展開もしており、全部で7アイテムが登場しています。
料理の取り皿などに便利な「4寸皿(13.8cm)」、薬味皿、醤油皿にちょうどいい「小皿(11cm)」、シチューや具沢山のスープが入る「スープボウル」、シリアルやヨーグルトにも使える「サラダボウル」、パスタ皿にぴったりの「楕円鉢」、取り分け用のボウルになる「楕円取り鉢」と、和洋問わず毎日の食卓に取り入れていただきやすいサイズになっています。

シリーズで揃えると、食卓全体がナチュラルな雰囲気になってカフェっぽさがよりアップ!
おしゃれな食器を初めて使うという方にもコーディネートがしやすいデザインです。


「渕錆粉引シリーズ」の食器が7種類2枚ずつ揃うセットもありますよ!

 

2.しのぎ お花のリムプレート 23cm / 1,480円(税別)


花びらのようなしのぎの模様が、額縁のように料理をおしゃれに魅せてくれます。和食器らしい優しい風合いの、赤土ベージュ・黒土白釉の2カラー。
食卓をランクアップしてくれるカフェ食器として大人気!SNS用の料理写真もよく映えると人気です。


▲素材違いの「しのぎ お花のリムプレート ネイビー・グレー・ミルク」は、フォトジェニックな今時らしいカラーで洋食器に近い雰囲気です。


こちらも「しのぎのお花」シリーズとして、6アイテムを取り扱っています。
ケーキ皿として使うととってもかわいい「お花のリムプレート18cm」、カフェ風どんぶりにも合う「お花のボウル(大)19cm」、スープカップやデザートカップとして活躍する「お花のボウル(小)11.5cm」、前菜などが小洒落た雰囲気になる「お花のオーバルボウル(大)19cm」、お茶請けにもぴったりな「お花のオーバルボウル(小)12cm」と、日常使いだけでなくおもてなしのシーンにも大活躍!

オーバルボウルの2種類は、他のアイテムと同じネイビー、ミルク、グレーに加えてイエローもあります。
食卓がぱっと明るい雰囲気になるので、女子会やパーティシーンでもおすすめですよ!

 

3.渕十草 大皿 デリスタイル minoruba / 980円(税別)


テーブルウェアイーストのオリジナルブランド「minoruba」の大皿。
ヴィンテージ感のあるイエローとインディゴの2カラーが、カジュアルスタイルにも合うカフェプレート。
こちらは縁の濃いブラウンとのコントラストが特徴。ハンバーガーやステーキなどの男前料理にも似合います。

 

4.大皿(24cm)窯変紺 しのぎ minoruba(ミノルバ) / 980円(税別)


釉薬の複雑な濃淡が生み出す、ダークグレイッシュブルーが魅力的なオリジナルブランド「minoruba」の大皿。
一人分のパスタ、カレー、チャーハンなどに最適。メイン料理の盛り付けにも合います。


こちらの「窯変紺」シリーズは全部で5アイテム。
サラダボウルにぴったりな「深皿 19.5cm」、スープボウルや副菜鉢として使いやすい「小鉢 14cm」、一品料理やフルーツの盛り付けに使いやすい「中皿 14cm」、おつまみ皿や刺身皿にも使える注目の「楕円皿」。
洗練された雰囲気で、大人の食卓を演出してくれるこちらの食器は、お酒の席やパーティ料理を並べる際にも大活躍してくれますよ!

 

5.大皿 25cm 彫十草 minoruba(ミノルバ) / 1,000円(税別)


外に向かって伸びるストライプが、まるで手作業で彫ったような大皿。縁もややガタガタとした雰囲気になっており、現代的なおしゃれを演出してくれます。
色は、ネイビー、キャラメル、ホワイトの3カラー。明るすぎず、地味すぎない色合いなので、日常使いにもおもてなしにも気軽にお使いいただけます。


こちらは「minoruba」のらせんシリーズとカラー展開が同じため、セットで使うとしっくりくるのがポイント。
写真では、ご飯茶碗と合わせてみました。ご飯茶碗をスープボウルや小鉢のようにもお使いいただけるので、洋風のコーディネートもしっくりきます。
メニューやその日の気分に合わせて、色々な組み合わせで楽しんでみてください。

 

 

■ここでちょっと豆知識…

和食器は、それぞれ個性の違った食器同士を組み合わせても、うまく調和してくれることが多くあります。
とはいえ、いきなり色んな食器を使ったコーディネートを考えたりするのは大変です。
とりあえず何枚か並べてみたらごちゃっとしすぎてしまった、なんて失敗をした方もいるかと思います。

ですので、慣れないうちはシリーズで揃えた食器を並べてみると、落ち着きと統一感がでます。
SNS映えする人気のシリーズから、かわいい和食器、シンプルで使いやすい和食器など、シリーズによって雰囲気ががらっと変わるので、お好みのものをチョイスしてみてくださいね。


らせん minoruba(ミノルバ)シリーズ
らせん状の模様がぱっと目を惹く、オリジナルブランド「minoruba」の食器シリーズです。
「ご飯茶碗」、「どんぶり」、「中皿」の3アイテムがあります。
和食だけでなく、洋食でも大活躍。中皿にケーキを乗せたり、丼ぶりにシチューを入れて食卓に並べてもおしゃれです。
特におすすめなのは、しっかりと深さのあるお茶碗。女性はもちろん食べ盛りな男性にも使いやすくなっています。

 

テーブルウェアイーストでも、和食器ながら和過ぎない、気軽に使えるような食器シリーズを扱っています。
和食器らしい手触りや手に馴染む形、落ち着きのある色合いで、毎日の食卓を彩ってくれます。
食洗機や電子レンジも使える、使い勝手のいいシリーズもあるので手入れや片付けも簡単ですよ。

まずは、小鉢やお茶碗、丼ぶり、取り皿など、1アイテムからスタートしてみてもOK!
気に入ったらちょっとずつ種類を増やしていくのも楽しいので、まずは自分が使いやすいと感じる食器から取り入れてみてくださいね。
合わせるお箸の素材やカラーを変えてみたり、カトラリーと合わせてちょっと洋風にしてみてもおしゃれに決まりますよ。

 

 

並べるとかわいい!小鉢ランキングはこちら!

食卓を彩ってくれる和食器として、小鉢も人気の高いアイテムです。
色んなおかずをちょこっとずつ並べたり、食後のデザートを用意するのにも便利!
小鉢をたくさん並べることで、食卓にボリューム感が出て賑やかな雰囲気になるのもポイントです!

 

1.和のスモールボウル (アウトレット) / 160円(税別)


和え物などの小鉢、和風デザートやアイス用のボウル、副菜鉢、湯呑みなど多用途に使える小ぶりなボウル。
お手軽な価格ながら、カラーバリエーションも全6色と幅広く展開。おしゃれな和カラーでコーディネートが楽しくなります。

 

2.和食器 花咲き 煮物鉢 minoruba(ミノルバ) / 580円(税別)


食卓に花を咲かせてくれる、可愛い花型の小鉢。せらしの、白備前、黒マットの優しい和カラーでほっこりさせてくれます。
煮物、サラダ、スープの他、あんみつなどの和スイーツにもぴったり。オリジナルブランド「minoruba」の食器です。

 

3.和食器 コロン トクサボウル (アウトレット) / 180円(税別)


コロンとした丸い形と縞模様が食卓を和やかにしてくれる、かわいらしい和のボウル。
ヨーグルトボウル、スープボウル、そば猪口として使え、木製のカトラリーと合わせると和カフェ風になります。
カラーは、優しいベージュのせらしの、シックで雰囲気が引き締まる黒マット、爽やかな雰囲気で洋風メニューにも似合うブルー貫入の3種類から選べます。


小鉢としてそのまま食卓に並べてもいいですし、ワンプレートに乗せるカップのような使い方もできますよ。

 

4.注げる 片口 デコボコ ミニボウル / 280円(税別)


ソースやディップ入れとしても使いやすい、片口の小鉢。コーヒーなどのミルクピッチャーにもなります。
色もアメ、オリベ、白マット、グレー、ルリと表情豊か。ワンポイントカラーとして取り入れたくなります。

 

5.ホワイト 台形マルチボウル (ミニ)


高台のないシュッとしたフォルムが珍しい、台形型のボウル。こちらは一人分のサイドメニューにぴったり。
丸みのある器が多い和食器のなかに、こういったスタイリッシュな器を取り入れてみると食卓に動きが出ます。


ホワイト 台形マルチボウル(ミニ~L)はこちらから >>


ゆず天目 台形マルチボウル(S~L)はこちらから >>

こちらのボウルは、サイズや色違いが豊富で、全部で8アイテムあります。
どんぶり、麺鉢、サラダボウル、ラーメン鉢など、色々な使い方ができる人気のボウルシリーズです。

 

 

■ここでちょっと豆知識…

和食器といえば、やはり陶器。小鉢ランキング1位「和のスモールボウル」 も陶器のうつわです。
土を原料としているため、素朴で温かみのある風合いが特徴です。
なかには、土物の特徴を活かし、ヒビを装飾として取り入れた貫入(かんにゅう)といった特殊な技法を用いた陶器もあります。
他にも、手造りならではの釉薬の濃淡や形の歪み、模様の大きさや感覚といった表情の違いが顕著に見られることがあります。
それが陶器の個性であり、美しさです。
すべてが同じでないからこそ、一期一会の出会いを楽しみたい方に最適な食器ともいえます。


手造り土物の切立お茶碗 (アウトレット) / 640円(税別)
すっきりとした形状と、陶器らしい土物の質感が上手にミックスしたお茶碗。貫入の技法が用いられています。

 

陶器は基本的に、厚手の器で吸水性が高く、光を通しません。
そのため、中の熱を逃がしにくく、料理を長く温かい状態で楽しむのに向いています。
また、その吸水性の高さから、長く使っていると土の風合いが変わっていくことで食器を育てていく楽しみがあるのもポイントです。
※醤油やコーヒーといった色の濃いものはシミとなって残ってしまうため、一度お水かお湯につけて目止めをすると、キレイな状態でより長くお使いいただけます。

優しい土物特有の手触りと風合いは、日常使いにぴったり。ほっこりとした食事の時間を楽しめること間違いなし!
和カフェ風、和モダン風のテーブルコーディネートとも相性抜群です。

 

 

食卓がぱっと華やぐ!和柄・和カラーの和食器ランキングはこちら!

今時デザインの和食器もいいですが、和柄や和カラーの食器は日常使いにぴったり。
気取らない雰囲気なので気軽に手に取れて、シンプルな盛り付けもそれなりに魅せてくれます。昨日の残り物やお惣菜などを並べるだけでも、手抜きに見えないのが嬉しいですね。

 

1.ダミ十草シリーズ / 180円~(税別)


小鉢~大鉢、小皿~大皿といった基本のサイズの食器に加えて、軽量のお茶碗やどんぶりも展開している人気シリーズ。
和食器らしい藍色の染付と、飽きのこない十草模様が、毎日の食卓で活躍してくれます。
模様と余白のバランスが絶妙で、なおかつ藍色が食材の色を引き立ててくれるので、地味な彩りになりがちな和食とも相性抜群です。

 

2.美濃民芸シリーズ / 250円~(税別)


民芸食器の代表でもある小鹿田焼。その小鹿田焼の特徴でもあるかんな削りの模様を、美濃焼で再現したシリーズ。
小皿、中皿、煮物鉢、丼ぶり、茶碗、湯呑みの他、ラーメン鉢、カレー皿などがあるので多国籍な料理に対応ができます。
優しい色合いが和の食卓にぴったりマッチ。また、使い込むほどわかる実用的な美しさを持った食器です。

 

3.三色塗り分け minoruba(ミノルバ)シリーズ / 280円~(税別)


ホワイトとダークカラーの塗り分けがおしゃれな和食器シリーズ。
日常使いにも取り入れやすいデザインですが、中間色にそれぞれシルバーとゴールドのラインカラーが入っており、大人の上品さも持ち合わせている食器です。
「長角皿」、「楕円形の長皿」、「小皿」の3アイテムがあります。

 

4.和色の食器シリーズ / 280円~(税別)


マットな質感と洋食にも使える斬新な和カラーで、高級感のある仕上がりになる、和色の食器。
22cmの長角皿は、焼き物皿、焼き魚皿、焼き鳥皿、天ぷら皿、刺身皿など多用途に使えます。洋食では、サラダやカルパッチョなどを盛り付けてもよさそうです。


お茶碗は、マットな質感にご飯の艶やかさが際立ち、食卓を品よく演出してくれます。男性にも女性にも使いやすい標準サイズなので、日常使いにぴったり。
こちらも、和食だけでなく洋食にも合わせやすいデザインです。

 

5.青茶サビ十草シリーズ / 240円~(税別)


人気の十草模様の食器ですが、こちらは青と茶色の太めのストライプ模様がインパクト大!
存在感はありますが、落ち着いた色合いなので他の食器とも合わせやすく、普段使いもしやすいデザインです。
小鉢、中鉢と、丸みのある三角皿3サイズ、煮物鉢、煮物浅鉢、パスタ皿と、おかずの盛り付けが色々楽しめそうな8アイテムです。

 

6.蒼(sou)シリーズ / 380円~(税別)


和風の柄をモダンにアレンジした、爽やかなブルーの食器シリーズ。雨、玉十草の2パターンの柄から選べます。
「そば猪口」、つゆ入れになる「ピッチャー」、麺類の盛り付けに合う「深皿」は、夏の時期にはざるそばやざるうどんで大活躍。
他にも、「プレート23.5cm」、「プレート14.5cm」、「台形ボウル小」、「台形ボウル大」があります。洋風メニューの合うので、スープメニューやラーメン、フォーなどの盛り付けにも使えます。

 

7.黒備前シリーズ / 340円~(税別)


和食器らしい風合いのブラックカラーで、高級感あふれる料亭のような盛り付けが実現できる食器シリーズ。
縁の形にわざと歪みがつけられており、手造りのような雰囲気があるのも魅力です。
こちらは、小皿、中皿、大皿に、小鉢とどんぶりにもなる多様鉢、茶碗、湯呑みの7アイテム。このシリーズ一つで、いろんな和食メニューに対応できます。

 

8.凛花(リンカ)シリーズ / 680円~(税別)


土物特有の淡いカラーと、花をイメージしたすっきりとした形が食卓を優しい雰囲気にしてくれる食器。
プレートとボウルで、それぞれ3サイズが揃います。鍋料理の取り鉢や、一品料理を小分け、メイン料理の盛り付けなど、その日のメニューに合わせて使い分けができます。
和カフェ風のコーディネートにもぴったりですよ。

 

 

■ここでちょっと豆知識…

和食器には、模様によって季節やその食器らしさを表現する技術があります。
この技術は絵付けと呼ばれており、主に下絵付け(したえつけ)と上絵付け(うわえつけ)という2つの手法が用いられています。

 

■下絵付け(したえつけ)


藍凛堂 パスタ皿 / 880円(税別)
上質な白磁に、和食器の美しい伝統柄を表現した藍染の食器。3種類の柄があり、洋風の食卓にもお使いいただけます。
20cmのボウルは、パスタ皿やカレー皿として使いやすいサイズです。サラダボウルや煮物鉢としても使えます。


「藍凛堂シリーズ」は他にも、箸置きや小皿、小鉢、コーヒーカップなどの様々なアイテムがあります。

 

下絵付けの場合は、「呉須(ごす)」という特殊な絵道具を使って模様を描いています。
「呉須」は最初黒に近い濃い青ですが、焼いた時に濃い藍色へと変化します。
これは染付(そめつけ)とも呼ばれる焼き物の伝統の技法。
和食器の定番といえば藍色の印象が強いのは、この伝統技法が理由なんですね。

使われる絵の具は、高温で焼きあげた時に鮮やかに発色するものに限られるため、藍色が基本です。
釉薬で仕上げを行う前に絵付けを行うため、表面が丈夫で絵柄が削れることがありません。
焼き上がると、模様のかすれや濃淡など独特の風合いが際立ちます。
和食器らしい風合いを楽しみたい方に人気です。

 

 

■上絵付け(うわえつけ)


錦唐辛子 UKパスタ (うすかる) 上絵 / 880円(税別)

上絵付けは洋食器でも定番の手法で、海外のブランド洋食器でもこちらの技法が使われています。
焼き上げた後に柄をつけることから、下絵付けと比べて使える色が多く、繊細な絵柄を再現できる技法です。
カラーを変えることで日本ならではの季節感を表したり、白磁の器の細かい面にまで絵柄をつけることができます。

絵付けの技術は大きく分けてこの2種類ですが、食器の種類や生産される地域、陶芸家のスタイルなど、時代の流れに合わせて少しずつ技術も変化してきています。
今では、転写などの安価で生産しやすい手法によって、手に入りやすい身近な絵付け模様の和食器も増えています。

 

 

■絵柄の種類


台形マルチどんぶり(M) 藍十草 / 980円(税別)

スタイリッシュな台形型と、濃淡のきいた十草柄が和モダンな雰囲気をかもしだす台形ボウル。
ラーメン鉢、うどんなどの麺鉢、ご飯もの丼ぶりとしても活躍してくれる優れもの。煮物などの盛鉢にしてもOK!

 

描かれる模様の種類は多種多様で、シンプル、和の伝統、絵画調など、様々な雰囲気の模様があります。
例えば、やきものの定番である十草(とくさ)模様。
トクサ科トクサ属の植物をモチーフにした縦縞の柄です。
日本で長く親しまれてきた伝統の模様で、シンプルながら飽きのこない雰囲気が人気です。
チェック柄の市松やひょうたん柄のひさご、葉や茎が絡んだ唐草(からくさ)といった和の伝統模様も人気。
梅や桜、菊などの植物を描いた文様は、その季節に合った四季を感じさせてくれます。

 

 

和食器についてのetc…

1万年以上の歴史を持つやきものは、日本文化の伝統の一つ。
古くは祭器に用いられる壺や鉢から始まり、時代を合わせて形を変え、私たちの生活になくてはならない食器へと変化しました。
和食器は、そのなかでも日本独自の技術が詰まっている食器です。

洋食器の場合は、お皿をテーブルに置いたまま料理を食べます。
そのため、サイズが大きくて重さがあってもさほど気にはなりませんし、1品ずつ出されるコース料理を前提としていることで、お皿の形にも統一感があります。

 


箸 COCOE / 840円(税別)

スマートに見えつつも、和食にも洋食にも合う現代的なデザインを実現した、ブランド「COCOE(ココエ)」の箸です。
滑り止めがついていて、太さもご飯がつかみやすいように設計されています。見栄えだけでなく、実用性にもこだわったアイテムです。

 

和食器の場合は手に持ったり、器を直接口につけたりと、その用途は洋食器とは大きく異なります。
そのため、手に持てるサイズ感や軽量具合を意識して作られていたり、お皿の縁である口縁(こうえん)が口触りよく仕上げられているものが多いです。
また、一汁三菜を基本とする和食では、茶碗、お碗、お皿(お鉢)で構成され、お皿ごとの形状やサイズも様々。
用途によって組み合わせが変化し、それらが喧嘩することなく、むしろ並んだ食器同士がうまく調和して食卓を彩ってくれるのが和食器の魅力です。
お互いの個性を大切にしつつも、立体的で動きのある食卓にしてくれます。

 


蓮根 小皿 長角型 (アウトレット込み) / 240円(税別)
蓮根をモチーフにした絵柄のかわいい小皿。5色の和カラーが食卓に馴染んでくれるので、全色並べてもうるさくなりません。
醤油皿、漬物皿、フルーツ皿、お茶請け用のお皿など、色々使えます。


形違いで「蓮根 小皿 三角」や、たまごのような形の「蓮根 小鉢 三角」もあります。

 

そして、和食器には、有田焼(ありたやき)、波佐見焼(はさみやき)、益子焼(ましこやき)、信楽焼(しがらきやき)、備前焼(びぜんやき)、丹波焼(たんばやき)、越前焼(えちぜんやき)、瀬戸焼(せとやき)、常滑焼(とこなめやき)などなど、産地や技法によってたくさんの種類の焼き物があります。
テーブルウェアイーストで取り扱っているのは、岐阜県が発祥である美濃焼(みのやき)。
日本で使用されている食器の約50%のシェアを締めている、生活に一番身近なやきものです。
値段が手頃で手に入りやすいものから、伝統技法を用いた和食器、現代に馴染む和モダンな和食器など、様々な食器が揃っていますよ。

 

 

ご紹介した食器以外のおすすめはこちらから!
▶▶和食器をCheack
▶▶食器セットをCheack
▶▶EASTオリジナル食器をCheack

 

 

食器棚にしまっている時も食卓に並べる時も、温かみのある雰囲気をもたらしてくれる和食器。
模様や形などすべてが同じものではなく、一つひとつ表情が違います。
そんな風に、自分だけの特別な表情を見せてくれるのも和食器の魅力です。
家族みんなの分を揃えて、並べてみるのも楽しいですよ♪

それでは、また次回!

▼ ▼ ▼


美濃焼を中心に和食器・洋食器を豊富に揃えた食器通販サイト「テーブルウェアイースト本店」へもぜひお越しください。

あわせて読みたい記事


  • 安心の日本製

    陶磁器生産シェア日本一の岐阜県美濃焼の商品が90%以上。

  • 豊富な品揃え

    美濃焼の食器を中心に和洋食器・木製食器・キッチン雑貨など4,000点以上取り揃えております。

  • 新品同様のアウトレット品

    ご使用いただくには問題のない状態の商品です。

  • 業界最安基準

    産地直送・独自の仕入れルートで業界最安値基準でお届けします。

  • 器コーディネーターが対応

    器選びにお困りのお客様は、スタッフが詳しくご説明します。

  • 送料無料基準

    3,980円(税込)以上購入で送料無料!(沖縄834円)

  • 大量注文対応

    業務用など大量のご注文大歓迎!別途お見積りいたします。

本店誘導